SATOMACHI/さとまち

“さと”と“まち”を和えるライフスタイル

第5回ろっぽんぎで御田植祭 | お田植えの神事とこけ田んぼ作り

5年目になる六本木の芋洗坂にある朝日神社さんでのお田植え祭&「こけ田んぼ」づくり。毎回親子参加ももちろんですが大人の方の参加もあり楽しみにしている会です。神主の綿引さんの稲にまつわるあれこれのお話を伺い、お田植え祭も実際に行えるのは本当に貴重な体験。都会のど真ん中の六本木でも自然への感謝のお祈りができるのはありがたいですね。

普段いただいているお米のありがたさも感じられるお田植え祭&「こけ田んぼ」づくり


少しかわった田植です。
植えてから実り刈り取るまで、すべての生育過程を自宅で学んでみようという試みです。
米は「八十八」と書き、それだけお百姓さんの仕事があるといわれる日本のソウルフードです。
1粒の籾種から生まれた苗が20本に枝分かれし、一つの枝に100粒の米が実る。
1粒が2000粒に!(肥沃な土と水と太陽などの環境で
だからお百姓さんはお茶碗についた米1粒さえ、残さず感謝して食べるんですね。
こけだまを田んぼに見立て、苗を植え、自分の愛着がわくようにデコレーションをしてもらいます。

完成後はみんなで写真撮影します。

愛情こめて上手にお米が育つかどうか。
失敗するのも良い経験。
この夏、ご自宅で米作りをしてみませんか?

イべント詳細
  • 日程: 2018年6月3日(日)
  • 場所: 朝日神社 東京都港区六本木6-7-14
  • 時間:(受付)午前10時30分 (開始)午前11時~午後1時頃
  • 参加費: 2000円(1名) ※こけたんぼキットを含む/付添いの方は不要です。
  • 定員: 20名
  • 対象年齢:5歳〜(親御様同伴の場合3歳〜)
  • 申し込み:https://goo.gl/forms/Ubb4vDsnjproxaIa2

コメントを書く

*
*
* (公開されません)