SATOMACHI/さとまち

“さと”と“まち”を和えるライフスタイル

初夢には凧が空高く舞い上がる夢を!|さとまち2WAYしめ縄リース/稲穂の筆/大竹和紙のミニ凧

こんにちは、もう12月も半ばに差し掛かり年賀状をどうしようかと今年も思う和田です。

さて、今回のSATOMACHIワークショップは、心を整えてお正月をゆったり迎え、子どもと一緒に寒空を走り回れる企画です。12月21,22日なので街はクリスマスな雰囲気ですがお正月気分でいきたいと思いますのでお楽しみに!参加くださった方にはちょっとしたプレゼントも。

手作りで作ったもので迎えるクラフトマインドなクリスマスとお正月を。

【さとまち2WAYしめ縄リース】

まだ間に合う!クリスマスもお正月も!ということで、先月に続いて開催のさとまち2WAYリース。しめ縄用に育てられた特別な稲わらを使っての稲なわづくりです。それをベースにし、クリスマスリースとして楽しみ、その後には正月飾りとなる「しめ縄2WAYリース」です。

クリスマスの準備がまだの方は、クリスマスリースにしてクリスマスを楽しんでからお正月用の輪飾りに。

クリスマスの準備が万端の方は、輪飾りを作っていただき、飾り付けのクリスマス飾りはお持ち帰っていただいて部屋のしつらえに使ってもらえたらと思います。

【稲穂の筆づくり】

一年を振り返ってのひとこと。来年への抱負。その想いを言葉に込めて書く。そんな書き初めをちょっと素敵なものにしませんか?

筆といえば柄が木材・毛が動物を使うのが一般的ですが、特別に稲穂を使った自分だけの筆で書き初めをしてみませんか。通常のものとは異なり、線の出方が個性的になり、きっと作品が味わいのあるものになります。

白神社などのしめ縄を担当されている庭能花園さんにご協力いただき、しめ縄用に丹精込めて育てられた特別な稲穂を使ったマイ筆づくりです。さらに、熊野町の筆の老舗・仿古堂(ほうこどう)さんにつくり方の監修もいただきました。稲穂でつくる自分だけの筆、年賀状にもオススメです。

【大竹和紙でミニ凧づくり】

♪「もういくつ寝ると お正月 お正月には凧揚げて〜」♪ということで、凧づくりです。今回は、広島県内唯一の手すき和紙で、400年以上の歴史を誇る大竹和紙を使って、凧をつくります。 地元の保存会のみなさんがつくる和紙は、薄くて丈夫で、凧にも最適。伝統の技が生み出す手づくり和紙の良さに存分に触れてみてください。

今回同時開催の稲穂筆で和紙に願いを書くのもいいかもですね!

ちなみに、凧が空高く舞い上がる夢は、運気が上昇していて願望が成就するそうです。凧づくりをして初夢に凧が舞い上がる夢を!

イベント概要

日程: 12月21,22日(土,日)

10:30-11:30 稲穂の筆づくり①
11:30-12:30 ミニ凧づくり①
13:30-14;30 さとまち2WAYリース①
15:00-16:00 稲穂の筆づくり②
16:00-17:00 ミニ凧づくり②

場所:イオンモール広島府中 3F ママトコワークシップ

定員:各回10名程度

参加費:[さとまち2WAYリース]500円・[稲穂の筆づくり]500円・[ミニ凧づくり]200円

材料費:[さとまち2WAYリース]1000円・[稲穂の筆づくり]500円・[ミニ凧づくり]300円

申し込み:事前申込及び当日受付 事前申し込みはこちら→ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd9Q8vN7Xewu5LmyDmqXNCC9GmQtIPiwc76bAKFpZx8hqPJcw/viewform

備考: *材料がなくなり次第終了となりますのでご了承ください。 *持ち物は特に必要ありません。  

運営:SATOMACHI

協力:おおたけ手すき和紙保存会/大谷一真/庭能花園/株式会社仿古堂/NPO法人ほしはら山のがっこう宮本和夫

お問合せ先: SATOMACHI/さとまち info@satomachi.jp(担当:和田)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)