SATOMACHI/さとまち

“さと”と“まち”を和えるライフスタイル

焚き火でリセットするひと時を。│REPORT番外編 たき火ソーシャルアウトドアナイト

広島市とSATOMACHI(運営会社:和大地)が主催する「あっ“たまる”比治山」は、冬の比治山公園を楽しむきっかけをみなさんとつくる取り組みです。今回は初めての2日間開催。せっかく2日間ということで初日の夜に番外編でトライアル的な夜の企画を。ですが夜のたき火企画は初の試みでどうなるかが未知数でしたので少人数での開催にさせていただきました。たき火を囲むと会話が自然と盛り上がるのは昼も夜も同じですが、夜はなおさら素直な自分になれたりしますね。いらっしゃった方と楽しみながらも互いの想いをやりとりする時間になりました。今回もライターの大須賀あいさんにレポートいただきます!

SATOMACHI

初めての二日間開催となった「あっ“たまる比治山」の1日目はこれにて終了、ではありません。今回は初の試みとして「たき火ソーシャルアウトドアナイト」と題し、夜の部を開催しました。

冬の日没は早く、17時を過ぎると、空にはお星さまがキラキラと輝きます。気温も下がり、自然とからだが焚き火の熱を求めます。みんなの中心は、優しくて温かい火です。

BGMは、Cornel&コリシゲマコトが奏でる、ギターとサックスのインストゥルメンタルミュージック。

夜の部のために用意されたカルロス特製プレートがこちらです。豚の塊肉をオーブンで事前にじっくり火を通しローストしたポークソテーは驚きの柔らかさ。クミンが効いたキャロットラペ、レバーパテとチーズとハチミツのモナカ……。お酒をいただきたくなるカルロスメイドのスペシャルな一皿です。

そして、昼の部から協力いただいたのがトンカルさん。薪で焼くピザやマッシュルームのつめ焼きがたまらない感じに。

車で来ていた私は飲酒厳禁です、残念。しかし、飲める人、飲みたい人のために、とっておきのお酒が準備されていました。

昼の部から引き続き出店されている賀茂泉酒造さん。なんと来年で、創業110周年を迎えられるそう!広島の催しには、広島の酒。寒空の下の熱燗は、冬場のアウトドア晩酌にベストマッチですね。

同じく、お昼からビールを提供されている石見麦酒さん。昨年中止になった「あっ“たまる”比治山」で、本当は焼き芋になるはずだったさつまいも(べにはるか)100kgを、クラフトビールに生まれ変わらせたビール界の魔術師です。「煌めき」と名付けられたビールは、まさにこのイベントにぴったりの名前ですね。

音楽と料理、そしてお酒に酔いしれるひと時は続きます。

そこに突如、大きなスクリーンが設置され、広場はアウトドアシアターに様変わり!

サポートしてくださった広島シネマサーカスさんは、西広島駅前のコイプレなどでソトシネマを企画されていて、街の中の新たなカルチャーを創り出そうと試みを広げられています。今回鑑賞したのは、SATOMACHI和田さん一押し、広島が誇る自動車メーカーマツダの「Mazda Heritage」動画です。

もともとは社内で研修用に作られた動画を、創業100周年を機に一般公開されたものだそう。マツダのものづくりスピリッツだけでなく、広島の先人たちが技術の粋を結集し挑戦してきた歴史が映しだされています。

広島に生まれ、広島で育ち、早40年(年齢がばれてしまいますね)。これまで知らずにいた広島ヒストリーに驚きつつ、和田さんの説明より、この比治山もかつて天皇の休憩所、現在の広場名称に繋がる御便殿が建っていた事実を知りました。

地域の歴史を見直し、街を知ることで地域と繋がっていく。今に続く軌跡を知ると、更に街が好きになる。これまで少し縁遠いと感じていた比治山が、グッと身近になりました。

更に夜は更け、1メートル先にいる人の顔もよく見えない不思議な空間に包まれます。

唯一頼れるのは、焚き火の炎です。

暗闇の中でホワッと灯る明り、薪がはじけパチパチと聞こえる音、気温は一桁台ですがじんわりと伝わる火の温もり、ただボーッと火を眺めているだけで、心が落ち着きます。

焚き火を囲みながらだと、たとえはじめましての仲でも距離が縮まるようで、寒さも忘れてついつい話しこんでしまいます。気が付くと私は、普段あまり口にすることのない悩みや葛藤を、ポロポロとこぼしていました。焚き火は人を素直にさせる力があるんだなと、その摩訶不思議なパワーに驚きつつ、忙しさに追われる日々だからこそ貴重に感じる時間をしっかりと噛みしめました。

さぁ、明日は最終日。比治山に息づく歴史や文化の薫りに触れながら、心地良いアウトドア空間を、みんなで生み出していこうじゃありませんか。

TEXT:大須賀あい PHOTO:香川 賢志

あっ“たまる”比治山2021 フォトレポート
あっ“たまる”比治山2021 1日目レポート
あっ“たまる”比治山2021 1日目KATARIBAレポート(準備中)
あっ“たまる”比治山2021 2日目レポート
あっ“たまる”比治山2021 2日目KATARIBAレポート(準備中)
あっ“たまる”比治山2021 番外編|たき火ソーシャルアウトドアナイトレポート

【実施概要】

名 称: あっ“たまる”比治山 2021
主 催: 広島市(政策企画課)・SATOMACHI(市の業務受託者㈱和大地の運営チーム)
事務局: ㈱和大地

協 力: OUTDOOR SAVAGE 、安芸高田市観光協会遊び場「タコゲーム」、アフィーレ広島APORITO広島店株式会社石見麦酒、上田康二、株式会社エージェントゼロ、おかもと農園、かけっこスクール賀茂泉酒造カルビー株式会社 Calbee Future LaboCARLOS北川麦彦キムラミチタ株式会社キャンプドアーズ株式会社ゴールドウインサゴタニ牧場庄原DMOSEIRA SKIN FOOD STAND.一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブ大和重工株式会社竹下充、段原キッズクラブ、段原地区町づくり協議会、一般社団法人地域商社あきおおたTONQAL、庭能花園、野塾野良道具製作所P-BERRY広島環境サポーターネットワーク広島自然観察会広島市現代美術館広島市まんが図書館NPO法人ひろしまジン大学BINGO BBQ協会株式会社ForemaFROM EATS、ボランティアだんばら、みやうち冒険あそび場の会無印良品山口ようこヤマノイ株式会社湯来交流体験センターワンダフル商店 幅屋(五十音順)
総合MC:キムラミチタ

日 程: 2021年12月4,5日(土,日)
時 間: 10:00-15:00
会 場: 比治山公園御便殿広場

コメントを書く

*
*
* (公開されません)