SATOMACHI/さとまち

“さと”と“まち”を和えるライフスタイル

古くて新しいソトの楽しみ方 “のがけ” @イオンモール広島府中(5/1,2)

古くて新しいソトの楽しみ方 “のがけ”

2021.5.1&2(sat,sun) 10:00-18:00 @イオンモール広島府中 1F スターギャラリー

新しい年度が始まり、仕事に勉強にと、新たな気持ちで臨もうとされている方も多いと思います。空気もさわやかに、晴れの日も増えるこの季節に、“のがけ”という古くて新しい外での楽しみ方を、暮らしの中に加えてみませんか。

“のがけ(野駆け/野掛け)”とは、「春や秋ののどかな日に野山に遊ぶこと」。言ってみれば「ピクニック」です。もともと、山の神さまや野の神さまと一緒になって野山を走り回り、共に楽しむといった意味合いのものだったようです。その後、狩猟のような体を動かすものから、お弁当を持って出かけ外で食べるといったゆったりしたものまで、暮らしに合わせて楽しみ方は広がっていったようです。

鯉の季節に、カープ鯉のぼり折り紙ヒコーキ。

そこに共通するのは、外を楽しみ、気持ちを晴れやかにすることです。

自粛ムードや新生活の疲れで、実はストレスもたまりやすいこの季節に、外に出て、体も心もしっかりとストレッチをしてみてください。また、イギリスではピクニックで大切なのは「準備に時間をかけず、リラックスすること」だと言います。家族との時間、自分のための時間。そして、好きなことを、気軽にゆっくりと楽しむ時間。こうした時間を、のがけながら、いっしょに満喫していきましょう。

しぜんとひろしまnote vol.00“のがけ”  ページ → こちら

イオンモール広島府中のイベントページ → こちら

ワークショップなど事前申込 → こちら

 

【講座“ソトで見つけた心惹かれた風景を、写真に収める3つのコツ”】from トム宮川コールトン

外に出て自然の中で撮る写真は特別です。大崎下島の御手洗町に住み、目の前に広がる瀬戸内の海や島、そこに暮らす人をこよなく愛するドキュメンタリー写真家の宮川トムさんに、外でもっと綺麗な写真を撮るためのコツをお話していただきます。イギリスの人たちのピクニックの楽しみ方と合わせて、外での写真の楽しむコツを教えてもらい、“のがけ”の楽しみ方を広げましょう。

–講師紹介– トム宮川コールトン 

日英のハーフである写真家・ライター、トム宮川コールトンさん。2009年の春・夏に3ヵ月をかけてアメリカで「オーガニック・アメリカンズ」のプロジェクトを撮影し、2010年に日本写真家協会が公募した第6回「名取洋之助写真賞」で受賞。その後も新たなプロジェクトを作り続けています。2015年に奥さんの真伊さんと一緒に東京から大崎下島の御手洗町に移住。写真とライターの活動を続けながら、町に溶け込み、今はギャラリー併設で本場英国のスコーンと紅茶が楽しめる「The Tea Cosy」も家族で運営しています。

【風をつかまえ優雅に飛ぶスタンプ凧づくり】from ひろしま凧の会 with わくわくアート探検隊

「トンビは上昇気流が見える。だから風をつかまえて優雅に飛ぶことができるんだよ。私も見えるようになりたい。」そう語られるひろしま凧の会 会長の花本さんを湯来町からお招きし、凧づくり教室を開催します。

子どもでも簡単に作れて揚げやすく、持ち運びに便利なスレッド凧(別名:グニャグニャ凧)を作ります。

さらに、凧づくりをした後、わくわくアート探検隊 体調のにいのべちよさんに指導してもらいながらスタンプアートを楽しんでいただきます。

“最近人気のタイベックシートを素材に使用し、質感も素敵な感じになっております。試作品を作りましたが驚くほど飛んでくれて楽しかったです!!!”

【鯉の季節に空飛ぶ折り紙ヒコーキを。】

「折り紙ヒコーキをマスターした子どもがクラスで人気者になることもあるんですよ。」と語られる折り紙ヒコーキ協会 事務局長の藤原さんから学んだ折り紙ヒコーキづくりのコツをSATOMACHIスタッフがこっそり伝授します。

しかも、紙は折り紙ヒコーキ用に開発された特殊なもので、さらにカープコラボの特別版をご用意。今回は、驚くほど気持ち良く飛んでくれる折り紙ヒコーキと鯉のぼりになる可愛い折り紙ヒコーキの2種類作っていただき、会場に設営した特設コースで的当てゲームで賞品プレゼントします!(折り紙ヒコーキ16枚セット付き)

“この折り紙ヒコーキを子どもの前で飛ばしたら目がキラキラ輝いてくれました!奥さんからもスーッと良く飛ぶので気持ちいとの言葉も!”

【ミスミ・イスワークショップ】from 大田設計事務所

建築資材の端材を捨ててしまうのはもったいないと考えられた小さな三角形のイスです。針葉樹合板24mmとカーペットで簡単にオリジナルのスツールができます。

“近所にピクニックに行く時などとても重宝します!家の中でもちょっとしたテーブル代わりになりますよ!”

【ラタンのバングル・髪飾り作り】from アトリエ ココン

天然素材のラタンに、カラーバリエーション豊富なリネンやオーガンジーのリボンを巻き付けて作るアクセサリーです。涼し気な組み合わせがこれからの季節にぴったりです。お出かけが楽しくなるアクセサリーをあなたも作ってみませんか?
アトリエ ココン:自然素材を使ったかごとこだわりの雑貨を扱うアトリエショップです。

“自然を纏いながら自然を楽しむのはなんで心地良いんでしょうか。”

【“のがけ”を身近に楽しむ。手軽に素敵にしてくれるおすすめアイテム】

  • おかもと農園の「アスパラ」:春の旬を楽しむ食材として三次の山からご用意。子どものように大事に育てられた「アスパラ」の“のがけ”レシピもご紹介します。
  • The Tea Cozyの「スコーン」:トム宮川コールトンさんが運営されている御手洗にあるイングリッシュティーハウスからピクニックにオススメな柑橘のスコーンなどをお持ちいたします。
  • 岡本家のうら山の「薪・スウェーデントーチ」:道の駅世羅に登場する岡本家のうら山の自然の恵み。スウェーデントーチでコーヒーを沸かしたり、料理を楽しんだりするのはいかがでしょう。
  • 野良道具製作所の「野良ストーブ」:「頑丈で使いやすく、そして使っていて楽しい道具を。」をテーマに作られた野良道具の数々をご紹介いたします!
  • 石見麦酒の「桜どぶろく・べにはるかビール」:前回ご紹介した桜の塩漬けがどぶろくになり、おかもと農園の「べにはるか」がクラフトビールに。豊かな地域の素材を楽しみませんか?

◆講座 日程:5月1,2日両日

[ソトで見つけた心惹かれた風景を、写真に収める3つのコツ]
時間:14:00~14:30
費用: 無料
お申込み:事前申込及び当日受付
※事前申込はコチラ→https://forms.gle/dDjet4z7Six3PF6Q6

◆ワークショップ 日程:5月1,2日両日

[スタンプ凧づくり]
時間:①10:30- ②11:30- ③14:30- ④16:00-
費用: 参加費500、材料費500
お申込み:事前申込及び当日受付
※事前申込はコチラ→https://forms.gle/dDjet4z7Six3PF6Q6

[折り紙ヒコーキ]
時間:①10:00- ②11:00- ③13:30- ④15:30- ⑤17:00-
費用:参加費300、材料費200
お申込み:事前申込及び当日受付
※事前申込はコチラ→https://forms.gle/dDjet4z7Six3PF6Q6

[ミスミ・イスワークショップ]
時間:随時受付
参加・材料費:3000
お申し込み:会場にて受付

[ラタンのバングル作り/髪飾り作り]
時間:随時受付
参加・材料費:バングル1500 髪飾り1000
お申し込み:会場にて受付

備考:

  • 持ち物は特に必要ありません。
  • 先着順になりますので満員の場合はご了承下さい。
  • 材料がなくなり次第終了となりますのでご了承ください。
  • 新型コロナウィルス感染症対策のご協力をお願いします。

運営:SATOMACHI
協力:アトリエ ココン石見麦酒/大田設計事務所/おかもと農園/岡本家のうら山/折り紙ヒコーキ協会The Tea Cozy/野良道具製作所/日本の凧の会 広島支部/わくわくアート探検隊
お問合せ先: SATOMACHI/さとまち info@satomachi.jp 090-3918-1211(担当:和田)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)